2018-10-14

Never Surrender

パナソニックvsリコー戦を群馬の太田に観に行ってきました。
前節クボタに敗れたリコーは上位プレーオフ進出にはもう負けられない厳しい状況。
試合開始程なくリコーは松橋選手のトライで先制。
途中逆転される場面もありましたが、切れない集中力とフィットネスで見事トップのパナソニックから勝利を得ました。
松橋選手はトライあり、トライに結びつくビッグゲインありと完全に輝きを取り戻しましたね。
さらなる活躍が楽しみです。
またこの日良かったのは会場の太田市運動公園陸上競技場がスタンドが狭く、バック側トラックにパイプ椅子が置かれたこと。
グラウンドレベルの観戦で最高の迫力を満喫しました。



もう無理だけど、ワールドカップの味スタ、日産スタジアムは少なくともこれは考えて欲しかったな。
ワールドカップの会場規定あたりで難しいのかもしれないけど、トラックがある(何かで覆うようですが)グラウンドでやるのは観戦する身として残念でしょうがないし、海外の方にも恥ずかしいと感じてしまいます。
まあ、それはそれとして試合後ファンをグラウンドに入れての交流タイムが設定されていました。
これは非常にいいね。
パナのホームなのでパナ人気はすごいのですが、松橋選手の人気も負けていませんでした。
俺はというと、オールブラックス絡みでエリオットディクソンとマットトッドと記念写真。

テレビで観ると怖そうだけど、優しそうなディクソン。
日本語でありがとう、と言っていたのが好感度アップです。プレーの方もボールを持つとかなりの確率で裏に出るのが良かったですね。


シャイな感じのトッド。男前です。




The River

10月初旬の3連休の最終日、モーターボートでリバークルージングをしました。
勝どきのマリーナから出発し、隅田川から日本橋川、神田川、東京湾と抜けて帰ってくる、というコースです。
築地市場を横に見ながら日本橋川に入ります。

至る所に首都高の橋げたが生えていて俺の未熟な技術では危険なので、ここはベテランの方の操船に委ねます。
程なく日本橋をくぐり、

しばらく行くと神田川に入ります。
普段は中央線もしくは総武線の車窓から神田川を見ることが多いのですが、この日は反対に電車を下から眺めます。

爽快感とは無縁ですが、普段目にすることがない裏側を見るのは楽しいモンです。
神田川からまた隅田川に入り、スカイツリーを眺め、


 
夢の島で昼食を取り、東京湾経由で帰還しました。
正味6時間弱、楽しいひと時でした。
その後月島の魚仁、もんじゃとさらに楽しいひと時を過ごしたのでした。


 
やはりここのモツ煮はちょーうまい。
岸田屋よりちょっと甘めで俺の口には合ってるかな。

2018-09-23

Pray For Rain

仕事後の金曜の夜、秩父宮にトップリーグのナイトゲームを観に行きました。
あいにくの雨ですが、秩父宮、結構入っています。
金曜のナイトゲーム、非常に良いコンテンツだと思います。

リコーvsキヤノン。
松橋選手は本日7番での先発。
ジャパン、SRでは7番が多い松橋選手。
ボークを先発で使いたい、とのチーム事情かもしれませんが、観る方はジャパンスコッド見越しで7番試してんじゃない?と勝手に期待したりしています。
21-17で無事勝利。
オープニングゲームから引き続き良い動きをしています。
JJも来ていたようで、良いアピールになったんじゃないでしょうか。
いよいよ一年切りました!

2018-09-17

Run The World(Girls)

松山RS出身のJC(女子中学生)が大阪代表で太陽生命カップに出場するので、水戸まで応援に行ってきました。
男子は12人制、女子は7人制ですな。

1回戦は良い展開で完勝!
残念ながらJC、出場はありませんでしたがなかなか良いチームと見受けます。

2回戦。
開始早々、相手のスピードスターにポンポンと2本立て続けにトライを取られてしまいました。
前半終了して、たぶん0本-3本。なかなか苦しい展開です。

かかる中後半、満を持してJC(みんなJCだが)登場です。
ボールを持った時の何かしてくれそうな、わくわく感は相変わらず。
相手が手強くなかなか決定的な仕事は出来ませんでしたが、ダイナミックなラン、タックルありイイもん観させてもらいました。
試合は前半の差を詰められず完敗。試合後号泣のJC達。

翌日試合前。

ラグビーを好きでいてくれることが嬉しい限りです。
ここから先の成長が楽しみです。

おまけ

なんでやねん!

2018-09-09

A Day At The Races

ろくに操船もできないのに、ヨットレースに出場しました。
タモリカップ。
タモリさんの冠レースなので、ガチというよりは楽しく、という感じのようです。

レースへのエントリーはタモリさんの前でパフォーマンスしながら通過すること。
メンバーの奥様がフラのドレスを作ってくれて、皆で踊りましたが気持ちが悪いので掲載はしません。

180艇以上出場、とのことでなかなか壮観です。
肝心の結果はどうだったかというと、グループでは7位、全体では116位と、まあこんな感じかな、というところのようです。

ポジション取り、カウントダウンなどスタート前のいい緊張感やチームワークの重要性を体感できたりと、ヨットの楽しさが少し理解できました。
レース後のパーティ含め非常に楽しい1日だったね。
皆さん、ありがとうございました!

2018-08-20

Hope & Legacy

思うところあって3回目読みました。

オールブラックスが好きなんで、過去2回はエピソードに引かれてしまい、この本の伝えたいと思われる組織論的な部分があまり頭に入らなかったのですが、流石に3回目となるとスルスル入ってきます。
レジェンドの引退、プロ化対応などにより1990年代後半から2004年(2007年のRWCは優勝候補と目されていました)あたりまでオールブラックスは低迷期を迎えるわけですが、そこから復活を遂げ、ここまで10年以上ランキング1位を走り続けている未曾有の組織にはやはり成功のロジックが詰まっています。
ひとつひとつのメッセージはシンプルなんですが、底から這い上がりさらに進化し続けている事実があるので、そこいらの一過性の成功譚とは説得力が違います。
原題は「LEGACY」というくらいなんで、歴史による裏付けがさらに説得力を増していますね。
リーダー達に読ませたいですが、ラグビー好きの戯言、と思われるのが関の山なのでとりあえず支店の推薦図書コーナーに付箋をつけて置いておきました。
まあ自身読め、と勧められた本で感銘を受けたことはあまりないので、誰が読まずともまったく気にしませんが。

Burnin’ For You

突然ツレが牡蠣が食べたいと言いだし、流れで目についたオイスターバーに入りました。

牡蠣、好きなんですけど翌日少々腹に来ます。